スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

先週になってしまいますが、カザキトと映画、ベンジャミン・バトンを鑑賞してきましたv
以下、軽い感想

兎に角、観て良かったという作品でした
3時間を全く長いと感じさせない
長い尺に散りばめられた数々のドラマとテーマ
それが素晴らしいテンポと演出・構成で織り成される
内容は観る人によって感じ方が違うでしょうね

ベンジャミンを通して、様々な人々との出会いと別れ、また、歴史が描かれる
その一人一人の人生が、生き様が心を打ちます

ベンジャミンもその一部です
無邪気で輝いている老人から悟った落ち着きのある若者へ
待ち受ける特殊であるが故の決断と結末
切なくて悲しくて、でも温かい 絶対的な温かさで覆われている
そこには、愛と家族があるからです
更に作中、今この瞬間を大切にしようじゃないか、過去未来なんて気にしなくていい
と言いつつ、挫折や失敗はいつでもやり直せるよ、と示してくれる
他にも実に多角的なメッセージが提示されます
これらには全てを包容してくれる心地良さを感じました

本当に、素敵な作品でした

そして、ブラッド・ピットは年を重ねたからこその味が出るようになったなと感じました
後はティルダ・スウィントンが出演していると知らなくてですね…!
出てきた時はドキッとしてしまいました!
やっぱり素敵だわぁ…(*´д`)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://orangeflamearea.blog116.fc2.com/tb.php/307-64520ec1

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。