スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ…22話

感想滅茶苦茶長くなりました ぅぁぁ異常だこれは…!滝汗
如何かお暇な時に読んで下さればと。。。
最初、前回と打って変わってテンポダウンでグダグダ?とか思っていたら普通に感動的で驚きました…!
良い脚本だったと思います 最後の盛り上がりが異常…!
何時もの様に笑った部分と感動して泣けた部分とがグッチャで
何時にも増してカオスな感想です。。


サムの逝去 泣
良い顔していたなぁ…
枕元に万華鏡があるぅぅ…!涙
優しい両親との思い出と、僅かに残っていたキースやスウェナ、
ジョミーの記憶を抱いて安らかに眠った事でしょう
お前は最高の癒しだったよ…
てかキース、サムの所に行っていませんよね
行ける訳ありませんよね… 残念
でも何故マツカにサムの死に顔が見えたのでしょう
映像で見たのでしょうかね(キースが)

例外は認めないとキース
マツカは自分を認めて欲しいのでも養護を求めているのでもなく、
只キースが根は良い人であるという確信が欲しかっただけ
「悲しんでくれた」というのもそういう事ですよね
だから、「処分」という言葉に目を剥いた
最初は何故わざわざ「利用しているだけなのですか?」等と訊くのか理解出来ず、
そんなにショック受ける事か?解っていなかったの?と思ったのですがね

それにしてもマツカがキースに付いて行く理由が不明確過ぎたと思います
ナスカにキースが墜ちた時にあそこまで必死になる理由が全く描写されていません
初対面でキースの異様さに恐れ、固く閉ざされた心に興味を抱く
そして幸か不幸かキースに目を付けられ拾われる
それだけで、内面を読み取ったシーンもなかったのに
そこまでキースに魅かれ、拘ったのは何故?
凄く勿体無いと思います
その後の付き合いでキースを悟っていくというのは理解出来ますが、
発端があまりに唐突
「この人に付いて来て良かった」という動機が解らないのです
折角良い物語だったのに、過去に遡った時に疑問が引っ掛かり過ぎてすっきりしない
本当に勿体無いです
そこが唯一残念でした
地球へは脚本のブレが多いのが大きな欠点かと思います
今回の様にその話だけ取り上げれば凄く良いのに他の話と繋げると不可解な事が沢山
何故こんなにブレているのでしょう…

まぁそんなのは放送後冷静になってから振り返って思った事で、
リアルで観ている時は始終興奮しっぱなしでした(笑)
Bパートネ申展開!
マツカとトォニィが擦れ違う緊張感からの一気な駆け出し!
トォニィに即反応をするキースに おっ となる
これは格好良い
と思ったらあっさり吹き飛ばされたw 当たり前ですがw
サムからの手榴弾オモチャ踏み潰しには怒った…orz
トォニィ何でカリナの事言うのですか…?如何でも良かったんじゃないの…?
後にマツカを殺した事について泣いているのも謎過ぎる… ブレブレブレ
で、顔芸キターーー!!
でも思った程ではなくて残念!笑
マ………ツ……カ…っ ( ゜Д゜)ヨンダ…
マツカキレたぁぁあああああああ!!
「キースを…ッキースを殺したのかぁぁぁぁ!!!
ぅわああああマツカぁぁあああああああ!
てか全然緩和されていない…!((驚))
土6がこんな風になったのって鋼からですか…?
そう言えば水島監督が局から規制されないから
こっちで止めないとどんどん凄い事になるって言っていたな…
でも、流石に蘇るおどろおどろしいのは手を添える綺麗な描写にされていましたね…
キースを引き上げる描写も中々良かったのではと
シロエには笑いましたがw
「さぁ、手を伸ばして」
キース笑ったぁぁッw 何という妄想w
「 駄 目 、 」
マツカきたぁぁあああああ!泣
キースが目覚めてマツカを見遣った時、マツカ笑っていましたよね…泣ける…
最後は非常にキースらしい言動で良かったです
黙祷

今回グレイブが異常に格好良かった件について
本当に良い奴だなオイ!大好きだ!
作画も久々に良かったひゃはー!
そしてグレミシェツーショットにドキドキ!ギャース(煩いよ)
グレイブとセルジュの掛合い笑いましたw
まさかの組合せ そしてこの対応
グレイブはこうやって嫌みったらしいところが良い!
 わ か ぞ う
これは名言www
噛みつくセルジュは本当に若造ww
最近大人しく良い人やっていたと思ったらこんなところで自分勝手さを出してくるとは…
やっぱりお前はそういう奴か!イイぞ!と(笑)
「お前如きの責任で私に部下を動かせと言うのか?」
これは自身のプライドもあるけれど、部下が大切なのもあるのではないかなと…
冒頭で私の部下も~と言っていましたから
コルディッツを落とさなかったのも殺したくないという気持ちが含まれている気がします
セルジュの隣に居たパツ金君(名前分からない)がキースに物申していた時に映ったアップに意味が無いとは言わせませんぞ
…すみません、フィルター常備で御座居ます(痛)

しかしセルジュって何したいのか解らん
キースからの応答が無かったら無視で自分が指揮?
マツカエピソードやるのにセルジュは如何するのかと思ったら能無し扱いかw
…後で理解したのですが、グレイブは最初艦隊司令だったけれど
キースが来てからは只の艦長でしかないのですよね キースが司令
キース不在時はその副官に指揮権が移るのは普通か
セルジュのは寧ろ正しい判断・行動
最初何勝手にやってんだこいつと思ってしまいました御免セルジュ…
でもキースを無視したのが引っ掛かります…
まさか敵は居ない、キースが危ない状況になるは訳ない、と思っていたのなら結局無能ですよね(苦笑)
マツカが一緒の筈だから大丈夫だとでも思っていたのでしょうか…
でもマツカはコーヒー入れしか取り柄がなかったのでは…
「そんな事より閣下が気にならんのかぁ?」
 で す よ ね
またここで話逸らすついでに正論言い出すニワトリ
最初から思っていた癖に今頃言い出すニワトリ
上手く出来たキャラクターですな全く…

それで、ずっと思っていたのですけれど
セルジュって感情過多ですよね…?
ミュウ因子あったりしませんか?藁
グレイブに噛み付いたのとか 「落ち着け」とまで言われてしまいましたしw
キースに泣きながら必死こいて帰ってきて下さいも…
先刻無視しといてそれはwという感じですし…(苦笑)
そして心配甦生のやり方間違えているのは全力で見逃す事項でしょうか…?失笑
しっかりしろエリート

その他
・レティシアは今後如何関わって来るのでしょう…覚醒しかかっていましたね
 これで何もなかったらスウェナと並んで親子扱い酷すぎるw
・ゼル…!経験者の言葉は重いなぁ…格好良い
・平手打ちされたマツカに吹いたwww
 何この嫁と姑な図ww ぇ?夫婦のDVですか?ww
 何にしろマツカ表情自重www
・で!その後のキースデコカットは何事!!www
 腹筋崩壊したもうやめてくれ狙っているのかwww ひぃぃ!!
・「スウェナダールトンから通信が入っていますが」 「切れ」
 ひゃっほいヽ( ゜∀゜)ノ
・真っ直ぐ迷い無く進むジョミー好きだ
・キャプテンゼル只今参上!ww
・おヤエさん好きだわぁ…
・突き放す事も必要だ
 お前何時からそんな計算高に…((驚))

キース実は良い人像が一気にアップで驚きました前言撤回します
よく考えればマツカの必死なフォローのお陰なのですが、
脚本が上手かったので自然にキースの内面に入る事が出来ました
本当に今回は良く出来た話だった…

次回、会談やりますか
もう終わってしまうのだなぁ…寂しい

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://orangeflamearea.blog116.fc2.com/tb.php/28-b904f39d

(アニメ感想) 地球へ… 第22話 「暮れる命」

地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】 木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラへの進行を決断するジョミー。同じ頃、キース暗殺を単独で決意したトォニィは...

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。